オーガニック化粧品による美白への効果について

美白成分と美白ケア

> オーガニック化粧品による美白への効果について

オーガニック化粧品による美白への効果について

美白ケアの基本は、
きちんと保湿をすることによってお肌そのものの潤いを守り、
外部刺激から肌を守ることによって、メラニンの生成を抑制することが効果的です。

それに加えて、化粧品に含まれる化学成分や
保存料による刺激からお肌を守ることも大切です。

お肌への刺激が少ない

美白のためには、なるべく無添加で低刺激の化粧品を選び、使うことが大切です。
その中でも、オーガニックタイプの化粧品を使用することは、
美白のために効果があるといえます。

化学薬品などによって刺激を受けたお肌は、
自らを保護するためにチロシナーゼという酵素を活性化させ、
メラニン色素を生成してお肌を黒くし、守ろうとします。
この色素が沈着してしまうと、シミやそばかす、くすみや黒ずみの原因となります。

化粧品のほとんどには、香料や保存料、刺激の強い
アルコールやエタノールに準ずる成分が使用されており、
化粧品の使用感を高めるためにそれらは欠かせないものとしてとらえられています。

しかしながら、こうした化学成分がお肌に与える刺激や負担は
日々蓄積されていき、肌細胞や組織を傷つける原因となります。

オーガニック化粧品は、製造過程において保存料や化学成分を使用せず、
植物由来の美容成分を使用しているため、
敏感肌にもやさしく、赤ちゃんにも使うことができるものが多いです。

基礎化粧品とメイクアップ用品

オーガニック化粧品のラインには、基礎化粧品とメイクアップ用品に分かれますが、
どちらも美白を守るためには効果があります。
また、美白成分を含んだオーガニックラインの製品もありますから、
自分に合ったタイプの製品を使用するようにしましょう。

美白を保つためには、洗顔料のチョイスも重要となります。
オーガニックタイプの洗顔料も多く販売されており、植物由来の優しい成分が配合されています。
たとえばスクラブは植物の種皮などから作られたもの、
保湿成分はアルガンオイルやシアバターなどの植物の実から抽出されたものを
使用している製品も多くあります。美白のために取り入れてみてください。

美白成分と美白ケア

実践

Column