医薬品の美白製品について

美白成分と美白ケア

> 医薬品の美白製品について

医薬品の美白製品について

高い効果が期待できることから、
注目されてきているのが医薬品の美白成分。
ここでは、医薬品に該当する美白成分について考えてみたいと思います。

まず、医薬品というのは、主に病院など医療機関の医師が診断をし、
処方をするもので、厚生労働省が認めたものです。
市販のものよりも効き目が強いとされています。

美白を目的とした医薬品というのは、主に体の内側から美白に働きかけます。
お肌を美白に導くためには、まず紫外線を多量に浴びないこと。
紫外線をあびたお肌は、細胞等が破壊されないようにメラニン色素を生成します。
せっかくお肌を守るために生成をしても、
その量が過剰だと、シミやそばかすの原因となってしまいます。

アミノ酸L-システイン

そこで、メラニン色素の過剰な生成を抑えたり、色素の無色化を促したり、
老廃物や毒素の排出をうながすために
アミノ酸L-システインを含んだ医薬品の美白製品が登場しました。
L-システインに加えて、お肌の酸化をふせいで、
色素の沈着を薄めるビタミンCも合せて含まれていることが多々あります。

外出時の紫外線対策はもちろんのこと、ストレスを溜めすぎたり、
偏った食事もお肌には大敵ですので、美白をするのであれば、合わせて実践したいものです。

トラネキサム酸

また、止血剤や月経過多、白血病などの治療を目的として使用されている
トラネキサム酸というものも、美白効果があるとされています。
主にできてしまったシミなどの治療に用いられます。
皮膚科にいけば処方してくれるので、興味のある方は医師に相談すると良いでしょう。

摂取量は成人で1日750ミリグラムから2000グラムを一日3〜4回にわけてとるのが理想的ですが、
年齢や体質によって適量の差がでてきますので、医師に処方してもらうことをオススメします。
二ヶ月ほどでお顔だけではなく、ボディのシミにも働きかけますので、
全身美白したい時に使用すると良いです。

コラーゲンやプラセンタなどのサプリも美白には効果的ですが、
やはり医薬品の効果は強い分、効果も期待できます。

美白成分と美白ケア

実践

Column