美白における医薬部外品とは

美白成分と美白ケア

> 美白における医薬部外品とは

美白における医薬部外品とは

美白化粧品において、パッケージに「医薬部外品」
と記載されているのを見た事がある方も多いのではないでしょうか。
でも、これについて理解している方は、意外と少ないのではないかと感じます。

まず、美白に効果のあるものとしては、
主に「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」と分けられます。

「医薬品」とは、病気の治療や予防などの軽減に有効なものを言います。
一般的に「薬」と呼ばれて言えるものです。薬事法によって厳しく規制されているので、
購入する場合は薬局やドラッグストアで購入します。

「化粧品」は、肌の美しさを保つために使用するものです。
これを使用することにより、より魅力的な容貌へと変わることを指します。
美白においては、「これを使うことにより、肌が白く見えます」といったものになります。

効果と安全性

そして、「医薬部外品」とは「衣料品」と「化粧品」の中間に位置し、
日本の薬事法に定められたものを言います。2009年に施工された、比較的新しいカテゴリーです。
美白に対しての効果が認められた成分が、安全性が確保された内で配合されているものの事を言います。
そのため、医薬品に比べると効果は緩やかになります。
ちなみに、厚生労働省が認可したものでなければなりません。

つまり、トップページで挙げた「厚生労働省認可の美白成分」については、
この医薬部外品に当たるわけです。

治療を目的とした医薬品とは違い、主に予防を目的にしています。
美白においては「メラニン色素の生成を抑えます」や、
「透明感あふれる肌に」などと記載されています。
美白に効果のある医薬部外品の商品では、特に美容液が多いようです。
成分はメーカーやブランドにより違いますが、
どれも「ターンオーバーを促進させ、シミになるのを防ぐ」といった効果が期待できるもののようです。

他には、美白化粧水や乳液などにもあります。
医薬部外品は、医薬品に比べると弱いものの、
肌に効果のある成分が入っていることには違いありません。
そのため、特に敏感肌の方は肌に合わない場合があるので、
まずはサンプルを使用してからの購入がオススメです。

美白成分と美白ケア

実践

Column