美白成分についての基礎知識やその効果とさまざまな美白ケアについて

美白成分と美白ケア

美白化粧品に配合されている成分って?

美白成分と美白ケア

シミやくすみなど、年齢と共に肌の透明度は落ちていきます。
白く美しい肌を保つためには、美白のためのスキンケアが必要となります。
最近では、美白成分を配合した基礎化粧品もたくさん販売されており、
それらを上手く活用することによって、透明感のある白い肌を手に入れることができます。

市場では、美白に効果があると謳われる成分の
配合された基礎化粧品がたくさん販売されていますが、
厚生労働省に認可された美白成分は9種類です。

■厚生労働省認可の美白成分

これらの成分を含んでいるものが、正真正銘の美白基礎化粧品といえます。

それぞれの主な効果

ここでは、それぞれの美白成分について説明してみます。
まず、ビタミンC誘導体ですが、メラニンの生成をブロックし、
活性酸素の除去を行う効果があります。
ビタミンC誘導体はニキビ化粧水に配合されているのも多いです。

アルブチンは、メラニン色素生成抑制効果が高く、
日焼けによるしみそばかすを改善します。
アルブチンはハイドロキノンの糖誘導体としても知られています。
市販の美白系スキンケアでは要チェックといえます。

エラグ酸は、メラニンを生成している酵素チロシナーゼを抑圧します。
ルシノールは肌への浸透性も高く、チロシナーゼの生成を阻害する効果があります。

リノール酸は、肝斑の治療に効果的です。
カモミラETは、メラニン色素を生成するように
指揮している情報伝達物質エンドセリンの働きを阻害します。

トラネキサム酸は抗炎症剤で、色素沈着の解消に効果があります。
t-AMCHAは、シクロアミノ酸誘導体です。
プラセンタエキスは、肌のターンオーバーを促進させる働きがあります。

当サイトについて

これらの美白成分の働きを頭に入れて、自分の肌のシミやくすみの状態と照らし合わせ、
肌に合った美白基礎化粧品を探してみるとよいでしょう。
まずは、トライアル製品を試してみて、自分の肌に合っているのか確かめてみるのが無難です。
根気よく探していけば、自分の肌にぴったりの美白基礎化粧品を必ず見つけることができます。

当サイトでは、美白成分についての基礎知識のほか、
その効果と美白ケアについて考えてみたいと思います。

美白成分と美白ケア

実践

Column